2017 パーマカルチャー菜園講座 終了

西宮と多可町で行っている2つのパーマカルチャー菜園講座(3月〜11月)が無事に終了した。

集っていただいた素晴らしいメンバーは勿論のこと、場所を提供してくださった西宮市「甲山ハニーガーデン」、多可町「チャッタナの森」、そして講師としてお世話になった「摘み菜を伝える会」平谷さん、「旅する野菜」松本さん、「トランジッションタウン」筒井さん、田坂さん 、そして ネパール・インド家庭料理「マナカマナ」のタパさんご夫妻に改めて感謝いたします。

どちらの参加者も終わることをとても惜しんでくれていて、
それは講座の内容以上に(笑?)一緒に集う仲間とすごす時間の心地良さ、ありのままの自分を認めてくれ相手を認め、お互いを受け入れ合い、高め合える関係性が何よりの収穫なのだと思うし、それはとても貴重で素晴らしいことだと思う。
そういう環境の素地を創れるのがパーマカルチャーの芯を得た奥深さと視野の広い包容力だと思うし、それに関わらせていただいていることに幸せを感じる。
何より嬉しいのは、参加者の中から自発的にまた集い学びあえる機会づくりや、外へ向けアウトプットするプロジェクトが始まろうとしていること。
これまでに繋がっている方たちも含め、一緒に永続する文化を創っていく、引き継いでいく活動を一つ一つ確実に現実化していきたいと思っています。
今後、ますます宜しくお願いします。


(憲一郎)


[PR]
by perculkansai_ougo | 2017-12-04 22:48 | 菜園講座 | Comments(0)