雨と田で雷

先日、おそらく一生に一度だと思われる雷を経験した。
夜中3時頃、1時間くらいの間に雷の光と音が1秒間の間合いを取りながら瞬き響き渡った。
夜中の1代天体ショーでした。
通常夜中はこんな感じ(雷が止んでる瞬間の写真)
f0224569_00342730.jpg
そして、1秒後には雷によって夜が開けます。

f0224569_00373046.jpg
 
こんな状態が1時間くらい続きました!
夜中の3時です。
幸い雨は大したことなく雷が凄まじかっただけなので、この天体ショーを楽しめました。

雷は田んぼと雨がくっついた字です。
そして、雷は「稲妻」とも言います。
「the wife of rice feild」です。
なぜなら、稲妻は空気中の窒素を固定し大地へと注いでいるからです。
窒素は植物が育つ3大要素(窒素、リン酸、カリ)の大きな一つです。
稲のパートナー、稲妻。

今年の田んぼはホウネンエビと相まって豊作かな〜♬


[PR]
by perculkansai_ougo | 2017-08-25 00:47 | くらもり | Comments(0)