やっと見つけた!

f0224569_220922.jpg

10年来探していた本をやっと見つけた。
先日、東京へ行く機会があり神田神保町にある農文協がやっている農業書センターへ立ち寄った。

10年以上前、三宮北野坂にあった山小屋風の「好日山荘」(その後移転)というアウトドア店の小さな書籍コーナーで、イラスト入りで山野に生きる色んな生業をえがく本を立ち読みした。
その時は興味深かったものの買い求め手元にそれを置くことはなかった。
その後、特にパーマカルチャーに関わるようになってから時折その本のことが頭をかすめた。
本のタイトルも著者も分からないながら、引っかかりそうなキーワードで検索を繰り替えしたり、人に尋ねたりしたが判明することがなかった。

そんな経験があったので半ば駄目もとで農業書センターの店員さんに「これこれこんな風なもので」と尋ねるとすぐさま「これでは?」と言って出してきてくれたものが「ビンゴ〜!!!!」
流石♬、私の10年来のささやかな願いが叶った瞬間でした。
全てはそろいませんでしたが、その場にあったものを所望しました。

遠藤ケイさんの「男の民俗学」シリーズほか。
これは1980年から『ビッグコミックオリジナル』に連載されていたものをまとめたもののようですが、
このなかには、生態系と共に生きる人間の、泥臭くも生きる実感に満ちた生き様があります。
今求められる大切なエッセンスがあるように思います。

狩猟の駆け出しである私にとっても実用的なものでもあります。
大きな書店には置いてあると思うので、
柳田國男、宮本常一がお好きな方はもちろん、
興味が引っかかった方は是非!
オススメです。

(ケンイチロウ)
[PR]
by perculkansai_ougo | 2016-09-19 23:07 | Comments(0)