キッチンから畑へ出る勝手口の改修 その3

長らくご無沙汰してしまったスタッフブログですが、今回は「キッチンから畑へ出る勝手口の改修」の現在をお伝えします。
前回は、床下収能保存庫まででした。
その後はこんな感じです。お楽しみくだされば幸いです。

階段は結局、有機的な形バンバンのものではなく、男前な杉にしました。
これはホームセンターで買ったものですが、国産材が店頭で見られる様になったことが嬉しかったです。あかみ&しらたのコントラストが美しいです。
f0224569_005640.jpg

これに足をつけて、階段です。
f0224569_052276.jpg

ここまで作っておいて、留め付けは後にして、一旦外しました。
何故かというと、土間をタイル張りにするためです。
f0224569_07568.jpg

このタイルは、PCK一年目の苦楽園事務所で使っていたものです。
懐かしい苦楽園キッチン。
f0224569_081396.jpg

この苦楽園事務所は一年間でしたが、一年目ということもあり、多くの想いでが詰まっています。
そこを出る時に、現状復帰ということでコチコチ剥がしたのはもう3年以上も前になるのか。
f0224569_0102287.jpg

さぁて、その想いでタイルが新しい形で蘇りますよ!
ここで、多くの人が交じり合い、そこから新しいものが沢山うまれてほしいという想いでデザインしました。
f0224569_0115278.jpg

作業は結局夜中までかかり、寒かったなぁー。そういえば、苦楽園のタイルばりの時も夜中までやってたなぁ(笑)。
f0224569_0153251.jpg

やっとタイルのモザイクばりが完成。
f0224569_0161941.jpg

そして、目地を入れて出来上がり〜。
f0224569_0172897.jpg

これに、作っていた階段を留めつけて、保存庫の取っ手をつけたのが現状です。
ビフォー&アフターでどうぞ。
f0224569_022916.jpg

f0224569_019718.jpg

とても心地よい勝手口になりましたが、まだここでやりたいことがあります。
その一つですが、この勝手口の上に飾り棚を作りました。
ここにはレシピ本などもはさんでおけて料理の際に見ることもできます。
押さえに使用したのは、現在使っていない調理器具です。
f0224569_0261359.jpg

また、先ほどのビフォー&アフターのところでお気づきになられたかもしれませんが、キッチンのテーブルがかわっています。
これにより、キッチンが「いられる空間(しかもとても心地よく)」になりました!
このテーブルづくりの模様はまたお知らせ出来ればと思います。

キッチンは暮らしの中心でもあるので、キッチン改修を進める中で、以前より格段に暮らしに潤いが出てきた様に思います。
もっともっと良くしていきます!

(ken)
[PR]
by perculkansai_ougo | 2013-04-05 00:36