第6回「ワンダフルハウスづくり」〜荒壁塗り〜

ワンダフルハウスづくり、第6回は壁塗り!
f0224569_3343079.jpg

先日、パーマカルチャー・スクール修了者のご夫婦が移住し「場づくり」と「持続可能な社会に向けて機会づくり」をされている「空空舎」(京都府綾部) に伺わせていただいた。
「空空舎」では、これまで古民家再生のプログラムをたて、大変有用な冊子も作られている(ご興味のある方はパーマカルチャー関西にも置いてありますので見に来て下さい)。
また、母屋や畑、水田も着々と進められ、久しぶりに伺ったが、以前よりも整った有り様がそこかしこに見受けられ、決して片手間では出来ない日々に費やした時間を拝見できとても楽しかった。

今回、伺ったのは「ワンダフルハウスづくり」で行う壁塗りのとっかかりとして「荒壁塗り」に使用する土を頂くに当たって。これも、先に行われた古民家再生プロジェクトで使用されていたものだ。そのプロジェクトと今回の「ワンダフルハウスづくり」のプロジェクトが繋がり、快く提供頂くこのご縁に本当に感謝している。

パーマカルチャーはパーマネント(永続的)なカルチャー(文化)。
「文化」というものの鍵をなすのは「繋がり」であると思う。
パーマカルチャーの倫理感は「自然への配慮」「人々(自分自身)への配慮」「余剰物の共有」であるが、それは「自然との繋がり」「人々(自分自身)との繋がり」「余剰物の共有(繋がり与え合う)」という言葉に置き換えられると思う。
「持続可能な文化」というものは「人と人」が「自然(空と大地)」をゆるがない絶対的な価値基準として共鳴し協力共有し、育んでいくときにこそ形成されていくものだと思う。

今現在、「繋がり合うの時代」を着実に形成していくことが地球規模で求められいる。それこそが、バランスを崩している世界のなかにあって、「例え自分がこの地球上から実体として姿を消したとしても、自分自身が今すこやかに生きようとしているこの想いを、いつ・どこの時代でも成就する道程を導いていく」という方法はない様に思う。
言い方を変えれば、「利権者」が構築した大きなシステムにこれまでと同じ様に「依存」するのではなく、身近な「自然」気心知れた身近な「人」と、いかに儲けるかという近視眼的な価値判断でもない。「そこにある自然」と「そこにある人」の生命力を高め、「真っ当」にあるものに対して如何なるダメージを加えることなく「当たり前」に共に「生きて育んでいける」という発想で行動する。本当の意味での「自立」(経済的な自立ではなく)と「自由」、それについてまわる重力を伴った「自己」と自分自身を勿論含んだ「生態系」に対する「責任」を享受することが、現在の利権者のみが私腹を肥やすために仕組まれた経済的なグローバリゼーションの世界観から脱却し、かつて駆逐された、「誰しもがすこやかに生きる為に培われた文化」を、世界が繋がり合えた現代において、新たな進化形態として調和し、生きることができる術であると思う。また、そこに生きる人々が行える限りの表現で世界を美しく彩っていく日々の時間にあるとも思う。
決して世界の中の超微細な一部分、辺鄙(へんぴ)な一部分ではなくグローバリゼーションの良い部分として、世界中に発信し、共鳴する人々も地域を越え世界基準で繋がり合うことが出来る。
今、それを行っている人は更に声を大にして、地域の中で埋没しそうな人は世界中の、そして次世代に繋がる億万の人々がついているとして思いきりそれを信じ日々を培っていこう。

さて、途中長くなってしまったが、そんな繋がりの中で、「ワンダフルハウスづくり」の壁塗り(荒壁塗り)を行う。壁塗りには「荒壁塗り」「中塗り」「仕上げ」という段階ある。今回はその下地となる荒壁塗りである。
思えば、PCK(P:パーマ C:カルチャー K:関西)初となる土壁塗りだ。
土壁は現在とても希少であるが、伝統文化として世界中で行われてきた家づくりの手法。地域にある石と土と植物で家を建てることは、それぞれの地域で連綿として親から子へ伝承され、生命を生かし、育み彩る為に培われてきた術。
そんな技の基本的な体験を一人でも多くの人がもつことによって、「自分の生命は、どこか遠いところに依存しなくても、与えられたこの生命を個人の努力と工夫によって、すこやかに生きることができるんだ」という感覚をもてればいいな。

週明けの月曜日、参加者の皆さんと雨風しのぐ壁を土でつくる。
とても楽しみです。土壁塗り、一緒に塗り塗りしましょ〜。

f0224569_47285.jpg

土を置いているブルーシートの向こう側には、ワンダフルハウスから畑への階段と石垣を少しずつ製作中。
野面の石垣積みもいつかワークショップで出来ればいいな、と考えています。
ご興味ある方、あればお知らせください。

(ken)
[PR]
by perculkansai_ougo | 2011-07-16 04:20 | ワンダフルハウスづくり