デザイン ’10

f0224569_235684.jpg

皆さんのおかげで、また今年もデザインコースの初日を迎える事ができた。
ありがとうございます。
デザインコース、関西のスクールが始まってプレスクールを含めて5年目になる。
5年目、一つの区切りになる年に思える。
各年、それぞれに会場を変え行われてきた。各年、それぞれの想いと共に育ってきた。
キャンプしながら藍那の山奥で、丹波の農村で、苦楽園のマンションで、それぞれ時を重ねてきた。
その間、ずっと関係者スタッフが力を尽くしながら、キヨさんに引っ張ってもらいながら、参加者の人たちが彩りながら、パーマカルチャーの扉を開けては抜けて行った。
扉を開けた世界は、あなた自身が世界と、繋がりと、実感と共にある世界。自然と、人々と、自分自身との繋がりを繋いでいくリアルな感覚。そんなパーマカルチャーの扉であって欲しい、そういうスクールであって欲しい、そんな4年間。
今年は、それに続く5年目。
新たに神戸市淡河町に民家を構え、民家合宿よろしく、この場と共に皆、時を共有しつつ、空間を共有しつつ、語りながら、つぶやきながら、しっとりした飯を食いながら…
そんな共有の時が愛おしい。
現役生は勿論、卒業生も度々ここに集って欲しい。みんな仲間で、今ここを生きる時を感じたい。新しい今を想像し、創造したい。生きてる今を切り開きたい。そこには命の色が溢れていて欲しい。
この民家も皆が夕飯を囲んでそれぞれの時をこの場に合わせた時、とても喜んでいる様に思われた。
PCKの場として、ここが与えられた事、全ての関係者にこの場で感謝の念を伝えたい。
これから、皆さん、あなたが関わる事によって、この場は更に生命力に満ち、新たな時代を切り開く原動力そのものになる。
共に育てて行きましょう!!
共にボクら自身の時代を創りましょう!! (ken)
[PR]
by perculkansai_ougo | 2010-04-20 02:43 | Comments(0)